SERVICES_公開前確認用

SERVICES

自治体・企業のインフラ管理者向けにをサービスを提供しています。

AIによる
道路維持管理サービス

管理瑕疵責任を負う道路損傷による事故を未然に防ぎたい、

舗装と道路付属物の管理をしている自治体・企業の部署のご担当者様向けの

AIによる道路維持管理サービスです。
AI道路管理システム 01

RoadManager損傷検知

道路損傷検知アプリをインストールしたスマホを車に設置して走らせるだけで、個人の判断基準によらず画像から損傷を自動検知。

検知した損傷はWEBダッシュボードで検索し、作業指示書を出力することができます。

AI道路管理システム 02

RoadManager路面評価

スマートフォンで撮影した動画やセンサー情報からひび割れ率・IRI・MCIを指標化するサービス。低コストで簡易的な路面性状調査を実施できます。

動画でわかる、RoadManager

AI道路管理システム 03

ドラレコ・ロードマネージャー

三井住友海上と協業で運営しているサービスです。大手小売や物流事業者等の車両に設置されている全国のドライブレコーダーで収集した路面データを活用して、道路損傷検知を行うことができます。これにより自治体で巡回しなくとも道路損傷の検出を行うことができます。

動画でわかる、
ドラレコ・ロードマネージャー

My City Report
コンソーシアムについて

RoadManagerは、My City Reportコンソーシアムの運営の元で自治体のみなさまにコンソーシアム会員となっていただきサービスをご提供しております。総会や連絡会を通じて自治体のみなさま同士で情報交換をしたり、機能改善について話し合いながら運営しています。

自治体の方のご相談はこちら

アーバンエックステクノロジーズでは、「しなやかな都市インフラ管理を支えるデジタル基盤をつくる」をビジョンとして自治体に多様なサービスを提供しています。

RECRUIT

私たちと共に都市インフラを
アップデートする仲間を募集しています。